パチンコ店員の裏側!

パチンコ業界経験者が、パチンコ店の裏ロムや遠隔操作はあるのか?などの疑問を解消します。最新のパチンコ規制の詳細や6号機スロットの最新情報を配信しています。パチンコ店員の仕事内容やトラブル・給料・などと一緒に、ゴト師の手口やパチンコの出玉管理といった専門的な事まで書いています。パチンコ規制やスロット6号機に関する記事が人気です♪

*

出玉率って何?パチンコ専門用語の解説!

      2017/03/19

基本的なデータ管理に必要な専門用語!

今回は、パチンコのデータ管理に必要なホールコンピュータにも出てくる、「出玉率」について書いてみたいと思います。基本的なデータ用語はたくさんあるので、少しずつわかりやすく解説できたらと思います。

パチンコ店員で働く人には、ホールコンピュータ関係の知識は必要です。

スポンサードリンク

出玉率とは?

さて、今回の本題である出玉率についてですが・・
出玉率と聞くと、大体わかる方も多いと思います。

パチンコやスロットの専門誌などで出玉率についての記事もあります。
ひとつ前の記事の「セーフ玉と差玉とは?」で説明させて頂いていますが
セーフ玉とアウト玉で差玉がわかります。

出玉率とは何か?と言うと、読んで字のごとく出玉の率。割合のことです。
100%を超えていれば、超えた分がお客様のプラスの出玉です。
100%を下回っていれば、店側の利益となります。

あくまで、等価交換での営業でその他の手数料や経費は計算しない場合の大まかな流れですが、実際は、複雑になっています。

データ上では、出玉率は営業の状態と深い関わりがあります。
例え、出玉率が100%を超えていたとしても、遊戯玉の個数の話であって、一概にすべて利益につながるかといえばそうでもありません。

パチンコ店の、交換率によって大きく左右されます。
43玉交換や、33玉交換の交換率のパチンコ店だったら、出玉率が100%を超えていても、まだまだ黒字です。
等価交換の場合は、出玉率が102%位の数値になると、赤字になるかもしれないといった心配が出てきます。

パチンコ店サイドからすれば、あくまで遊技台全体の出玉率を重視するので
数台が出玉率が高くなっても、全く気にしないのです。


スポンサードリンク

 - データ管理の基本知識 , , ,