パチンコ店員の裏側!

パチンコ業界経験者が、パチンコ店の裏ロムや遠隔操作はあるのか?などの疑問を解消します。最新のパチンコ規制の詳細や6号機スロットの最新情報を配信しています。パチンコ店員の仕事内容やトラブル・給料・などと一緒に、ゴト師の手口やパチンコの出玉管理といった専門的な事まで書いています。パチンコ規制やスロット6号機に関する記事が人気です♪

パチンコ台における回転数の意味って知ってる?

更新日:

スポンサードリンク

パチンコ業界では、パチンコ台の回転数は千円あたりの回転数ではない!

パチンコで、勝つためにはよく回る台で勝負をすることが、パチンコで勝つための秘訣です!

パチンコやスロットの攻略本などには、機種ごとの換金率によるボーダーラインと言われる、1000円あたりの必要回転数が書かれていたりします。

1000円で何回スタートチャッカーに玉が入れば、確率的に負けないと言われる回転数です。

一般的には、1000円あたりの回転数ですが、パチンコ業界内では、回転数の意味が違います。

 

ホルコンではデータ収集のための、カウントの基準が違う!

パチンコのホルコン(ホールコンピューター)では、一分間(アウト玉100発)の液晶画面の変動回数をいいます。

パチンコの回転数とは、1分間の60秒で、液晶がリーチを含めて何回回ったかを示すのです。

 

パチンコ業界では、スタート回数と呼ぶ!

パチンコ業界では、回転数と言わずに

「スタート回数」

といいます。

もちろん、スーパーリーチが立て続けに来たりすると、その一分間は、ホルコンのスタート回数は下がります。

ホルコンは、あくまで長時間の統計を取っているので、10分、20分、・・・1時間と時間が経つほどに

正確に各遊技台の回転数が分かります。

スポンサードリンク

 

ホルコンのデータは、止め打ちや変則打ちでスタート回数は大きく変わる!

釘調整で釘師さんが全台同じに調整していても、止め打ちや変則打ちなどで、遊技台のデータは大きな変化を見せます。

パチンコ台は同じ調整でも、適当に打つのと止め打ちするのでは、数時間後のホルコンのデータは、かなり開いてきます。

パチンコ店側が、止め打ちを禁止したりするのは、このような事と関係もしています。

 

止め打ちや変則打ちの客が多いと大変なことに!

止め打ちする客ばっかりだったら、必要以上に釘を締めないといけなくなるので、一般のお客さんにはかなり打ちにくく、回らない調整となってしまいます。

大体、今のCR機では、スタート回数は、5.2から7.0の間で調整されています。

機種にもよりますが、スタート回数が7.0で1000円あたりの回転数に換算すると、大体ですが、1000円あたり28回転程度になります。

パチンコ台の機種ごとに差があるので前後しますが、そんな感じです。

パチンコの店員さんに、遊技台の回転数(スタート回数)の話をするときには、一分間あたりの回転数で話をしないといけません。

1000円当たりの回転数を基準にしても、話が噛み合わないのです。

あくまで、班長、主任や店長クラスの人だけですよ。

アルバイトや平社員は、ホルコンやデータについて教えられることは全くないですし、全く知らないことですから。

 

【人気記事♪】パチンコ業界関連記事がおすすめ!

スポンサードリンク!

スポンサードリンク!

-データ管理の基本知識
-, , , ,

Copyright© パチンコ店員の裏側! , 2018 All Rights Reserved.